カテゴリ:転職ノート( 1 )

仕事を辞めたい人の参考になるかも!?

会社が傾きかけている。
ので、やっぱり考えてしまうのは「辞める」ということ。

というわけで今日は転職のプロにお話を伺ってきた。

1、今の時期に転職するということ
正直社会的にそれはいただけないこと。入社して半年。
半年で自分がやり遂げたことってなんかある?っつったらない。
でも、会社が危ない。いつどうなるのか、世間からの不信感も強い。
だからといって、この状況でどっか他社の面接を受けたとしても、
「ああ、大変だもんね。」
で、終わり。

それじゃあ絶対とってもらえない。

じゃあ、あとせめて半年がんばってみたらどうか。
半年後にはだいぶほとぼり冷めてるかなぁ。
で、「私はこの半年間信頼回復のために○○をしました!」
と言い切ってみたら。
曲がりなりにも大企業だから
私のひとがんばりで変わることなんてないだろうけど、
それでも面接官の前では胸張ってなんか言ってみてもいいと思う。

そしたら、それは評価されるだろうことで、
逆境を味方につけられるすごい人になれる。

あと半年、やってみることにする。

2、私のやりたいことって何さ。
そんなもんはよくわからん(´□`。)
事務?でも事務といってもいろいろ。

●経理系→効率仕事をすることが求められる。
書類の整頓とか、すっきりまとめられるひとっていい。

●営業事務系→企画書の作成やデータをまとめられる人。
エクセル・ワード・パワーポイントが使えると強い。
電話応対も多いから、臨機応変さが求められる。

●人事アシスタント系→人事の人について全国周っちゃったりする。
アクティブ事務。

●秘書アシスタント系→時にはお年を召したお偉いさんのお世話もする。
気配りさんにはうってつけ。

さて私に適しているのはどれでしょう??
現職営業という面を生かすなら営業事務系?
NHKドラマのグッジョブみたい。

3、私のアピールポイント
現職からのアピール。どんな仕事にどんな工夫を加えて取り組んだか。
何件契約を取れた?←これはあんまりあてにならんかな・・・
改善への取り組み方。

異文化コミュニケーションに前向きに取り組めること。
その実体験の多さ。
韓国の話も職務経歴書に入れること。

なーんかいろいろありすぎて何から手ぇつけていいかわかんないな。
でも、これからの半年は、
これまでの半年より、目標がある分がんばれるかな~ぁ???

目指せ2008年4月いっぴ(1日)入社!!!
[PR]