海外にいきたいかどうかという話。

最近友達がオーストラリアへ旅立った。

大学時代同じゼミの子で、
日本語教育をずっとやりたいと言っていた子だから、
まず夢への第一歩踏み出したってことで
すばらしいと思ってる。

ぜひぜひ、オーストラリアで頑張って、
そして日本に帰ってきてもその頑張りを継続してほしいと思う。

そう、「継続」。

その子の日記を読んでると、
海外に行った子、行きたい子の書き込みがいっぱいだった。

中には、その子と同じように夢をかなえるために海外へ出ている子もいる。
でも、中には、「海外へ行きたい」という目標を持っている子もいる。

それってどうなの?

ちょっと批判的になりそうだったから、
その子の日記への書き込みはやめた。

海外へ行く前は頑張れる。
行ってからも頑張れる。
海外育ちじゃない人が、海外へ行って頑張れるのは当たり前。
ゼロからの生活なんだから頑張らないと生きていけない。

難しいのはその後。

帰ってきてから。

経験がなくなることはない。
だから、海外に行ってきたことは、
行こうとして行った決断とか、
出会った人たちのことととか、
全部その人の財産になる。

でも生かすかどうかとなると別の話。

行って、帰ってきました、で??

となるのはよくある話。

で、それは私。

今でも海外に行きたい衝動に駆られるけど、
行ったところで帰ってきたらまた同じ。

日本で頑張れない人は、帰ってきたらまた頑張らない。

今、私にとって、海外に行くのは逃げではないけど、甘えだなぁとつくづく思う。

日ごろから頑張れる人にならねば。

司法試験に受かった菊間アナのようにw


妙齢だから、いろいろ考えちゃうわ。
[PR]
by konomi0823 | 2010-09-11 01:05